はてブはある日突然に!

8/8にはてブがついて訪問数600ぐらい行ったと思ったら、翌日にはグノシーに掲載されて、訪問数4955まで行きました。

この記事です。

 サイト運営はビジネスだ!勤め人は時間を売り、経営者は時間を買う

なに?何が起こってるの?

ぐんぐん天空へと突き抜けてゆく、アナリティクスの折れ線グラフ。

ああ、普段のアクセスがないも同然みたいな感じにナッテキタヨ・・・。

ドコマデノビルノカナ?

こ、これが、はてブトルネード・・・いや、よくわからんので、はてブタイフーンくらいかもしれませんが。

暴風警報ぐらいは行ってる気がします。

わたしにとって、はてブトルネードと言うのは、その昔、勝間和代さんの本の中で読んだヒトゴトだったのですが、ここ数日で経験して、いろいろと慌てふためきましたw

このサイトはそれまでは書評ばかり書いていたブログで、あまり検索にもひっかかていません。

だからちょうどいいや!と、ちょっと実験的に自分の思ったこととか書き始めて、サイトナビゲーションも作りかけみたいな感じです。

そのうち形にすればいいや!とかのんびり考えていたのですが、思いがげず、たくさんの人に訪問していただき、やばい!直さなくちゃ!!とあちこち修正しました。

じゃあ最初からやっとけよ!と思うのですが。

明日が世界の終わりだったら、あなたは何をやりますか?

と言われないとそういうことは意識しないし、そう言われても実際にその時になってみないとわからないように、

もし明日はてブされるとしたら、あなたはサイトのどこを修正しますか?

という問いかけを、ネタの神様に受けて、実体験させられたような気がしたので、今回は、それについて、やったことを書き残しておこうと思います。

人間その場に直面しないと、どんな風に行動するかなんて、わかんないもんね。

ただし、はてブ初心者なんで、これは必ずしも正解ではないかもしれません。

サイト運営者の数だけ正解はあると思いますが、わたしはこうした、ということで、参考になったらと思います。

って、毎度のことながら、前振り長すぎ!

その1:プロフィールをどうにかしろ!

どんどん増えていくアクセスをほけーっと眺めていました。

Googleアナリティクスには、リアルタイムで、何人のユーザーが訪問しているかということを確認できる画面があります。

訪問者の方が多い時は、じっと見てるとおもしろいので、よく見るんですが、その時も見ていて、あることに気がつきました。

みんな、プロフィール見てる!!

そうです。

サイトにアクセスして、この記事を書いてる人はどんな人だろうって、わたしもよく見ます。

そもそも、わたしも初心者の方にはプロフィールを書きましょう!とか言ってたりします。

わたし、プロフィールに何書いてたっけ??

冷や汗たらり・・・

確認してみると、見事に数年前のままでしたorz

リニューアルした時に、思っていることとか書いていたけど、そことつなげてなかったorz

プロフィールは非常に重要なだけに、たちまち変えるようなことは難しすぎて無理。

とりあえず、リニューアル時の記事へのリンクを付け加えて応急処置。

プロフィールを書き直すのは、今後の課題に。

始めた時の思いを書いた文章も残しておきたいし、リニューアルの、時の気持ちを書いた文章も残しておきたいし、どういう形でまとめるか今後の課題です。

教訓その1:プロフィールには力を注ぎ、常にチェックして更新せよ。

その2SNS関連のボタンを準備しろ!

とりあえず、プロフィールの応急処置をしたあと、あることを思い出しました。

女子ビズの記事下には、はてなブックマーク、Google+、Twitter、Facebookのいいね!ボタンを設置してあります。

これは、テンプレに標準搭載されているものです。

先日やっと、FacebookのLikeボックスを設置して、やれやれと思ったところでした。

あと、お気に入り登録ボタンと、Feedly登録ボタンをつけておこうと思っていたのですが、テンプレいじらないといけないから、またそのうちやらないとなあ、とか伸び伸びに。

そして、つけないうちに、はてブタイフーンに突入。

使ってる人はないと不便だよね。慌ててつけました。

ついでに、ポケットもつけとけ!とつけたら、なんか88人くらい登録してくださっていました。

ご不便をおかけしました・・・。

ちなみに、Lineのボタンは設置しようと試みましたが、あえなく挫折しました。

Line ユーザーの方、ごめんなさい。今のわたしには無理です。

そのうち、わたしのスキルが上がったら設置できる日がくるかも・・・。

ボタン設置で参考にさせていただいたのはこちらのブログです。

お気に入り登録ボタン
 ブログアクセスアップに効果的!でも意外と忘れられている方法 – お気に入り登録ボタン|わかったブログ

Feedly登録ボタン
 最近アクセスが多いFeedlyにおもねるために登録ボタン付けたよ|More Access! More Fun!

Pocket登録ボタン
 Pocketボタンを導入したら使ってる人がすごく多かった件|Handy Web Design

お世話になりました。ありがとうございました。

教訓その2:みんなが使っているサービスのボタンは、ブログ立ち上げ時に設置した方が良い

その3訪問者の人に何をしてほしいのか考える

この女子ビズというブログは、今年の5月まで書評ブログでした。

わたしが読んだビジネス書の感想を書いて、半分書庫みたいな感じでした。

でも、せっかく女性のためのと銘打っているのに、何か違う気がして、この春リニューアルしました。

以前と違うところは、書評ではなく、わたしの考えを中心に書いてあるところです。

そして、できれば、読者の方に一歩を踏み出して欲しいという思いを持って書いてあるところ。

ただ、一歩踏み出すとして、どういう行動を起こして欲しいのか?

それぞれの記事で、書ける時は書いていましたが、女子ビズ全体で何をしてほしいのかという方向性が今ひとつはっきりと見えていませんでした。

今回、はてブされてたくさんの方に読んでいただいた記事は、実はわたしとしては、もんもんとすっきりしない状態で書いた記事です。

書きたいことはあるのに、何かこう結論として、自分の中にすっきりしない、じゃあどうしましょうと、はっきりと方向性を打ち出せてない記事でした。

もんもんとしたまま、でもなぜかアップしてしまったところ、多くの方に読んでいただいて、やっぱりブログって不思議だなあ、と。

渾身の一撃で書いた記事が見向きもされず、そうでない記事が共感を呼ぶ、というのは、ブロガーなら一度ならず体験していることと思います。

じゃあ、そういうもんもんとしたまま出力した記事を読んだ後は、どうして欲しいのか?

あれこれ考えても実はまだはっきりとは見えて来ないのですが、そのうち答えが見つかるかもしれないから、また見に来てくれたらいいなあ、と思いました。

となると、先ほどのSNSボタンが重要になってくるわけです!

だけど、あー、なんかアマゾンのでかいバナーはってるな、この特等席に!みたいな。

ということで、アマゾンのバナーを削除しました。

これで、続きを読みたいかもと思ってもらえる訪問者の人には、お気に入りに入れてもらったり、Twitterでフォローしてもらえます。

人間、せっぱ詰まると、少しは頭の回転が良くなるみたいで、伸び伸びになっていた課題がおかげさまであれこれ解決した気がします。

教訓その3:訪問者の人にそのサイトに来て何をして欲しいのかよく考える

はてブ体験まとめ

ということで、今回、大事なんじゃないかって思ったこと。

  1. プロフィールを充実させてブログの信用性を向上
  2. 皆が使うサービスのボタンはつけて利便性を向上
  3. 訪問者の人に何をして欲しいのか明確に意識する

1日で5000近いアクセスとか、なかなかやろうと思ってもできない体験なので、今回は良い体験をさせていただきました。

皆さんに共感していただき、とても、嬉しかったです。

そして、わたしも2つさらに行動しました。

1はてなに登録
2グノシーに登録

情報収集ツールとして、多くの人が使われているということは、それだけの利点があるということだと思うので、登録して使ってみます。

サイト運営初心者の方も、ぜひはてブ前の行動3つと、はてな・グノシーに登録して情報収集をやってみてください。

<<参考記事>>
sumiさんが、snsボタンをプラグインで入れる方法を記事に書いてくれました。プラグイン派の人はチェック!
 プラグインを使ってWordPressにSNSボタンを付けてみた