ホリエモン×ひろゆき語りつくした本音の12時間「なんかヘンだよね…」」を読みました。

前にも、ホリエモン×ひろゆき×勝間和代さんの対談を読んで思ったのですが、堀江貴文さんとひろゆきさんの対話本って、かなりおもしろいんですよね。

なんかヘン

本書は元ライブドア社長のホリエモンと、元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏の本気の対談本です。

何冊か本を読んで感じたことですが、お二人の性格は全く違います。

心地よいと思うことや、生き方とか。

でも、この二人が対談すると、その違いがいい感じにブレンドされて、話しがすごくおもしろいんです。

また、この二人の社会の様々な現象を見ていく視点がユニークとか、潔いというか、はっきりきっぱりというか。

それでいて、切り口が二人とも違うので、読んでいると新しい発見がたくさんある感じです。

さらに、堀江氏は、そこまで言って大丈夫?と思うくらい、ズバッと切り込むので、その切り口が新鮮です。

マスコミの報道だけ見ていると、堀江氏はライブドア事件、ひろゆき氏は裁判というイメージがあるのですが、実際に彼らの著書や対談本を読んでみると、全然そんな黒いイメージはなく。

むしろ、皆がついてこれない時代の先を走っている感じがするのです。

ということで、本書では、

  • 格差社会
  • 政治・裁判・税金
  • メディア
  • 教育
  • IT
  • 食とオンナとオシャレとお金

の6つについて、ふたりが赤裸々な対談を行っています。

常識論が好きな方にはオススメしません。

時代の先を見る目を養いたい方、今とは違う視点を得たい方は、是非読んでみてください。