先日、勝間和代さんの「伝説の教授に学べ!」というデフレ対策に関する本を読んで、インフレターゲット賛成派の考えがやっと少しわかるようになってきました。

そうなると、なぜ、インフレターゲットを日本で導入することに反対している人がいるのか、という疑問が残っていたのですが、本書「日本経済このままでは預金封鎖になってしまう」を読んで、やっと少し理解できた気がします。

管理人は経済については、解説できるほど知識がないので、詳細は、本書をじっくり読んで各自でご理解いただきたいと思いますが、インフレターゲットを推進して、インフレになると、既発国債の価値が下がることと、これから発行する国債の利率が上がることが問題となるようです。

インフレターゲットがデフレ離脱に有効とはわかっていても、巨額の財政赤字を抱えている限り、両刃の剣だということがわかりました。

さらに、この問題について、関連書籍を読んで、理解を深めようと思います。

とりあえず、あの巨額赤字をなんとかしなくちゃですね。