会計HACKS!を読みました。

本書は、家計簿を会計の知識、貸借対照表ベースでつけ、残高主義にすることで、楽しくお金を貯めようという提案をした書籍です。

さらに、投資に役立つちょっとした知識も掲載されています。

B/S家計簿ハック!

本書の一番の肝は、残高ルールで家計簿をつけるB/S家計簿ハックだと思います。

これは、なかなかの発想の転換だと思います。

管理人も現在家計簿をつけていますが、いわゆる普通の家計簿の付け方。

つまり、本書で言うところの損益計算書ベースの家計簿です。

確かに今までの方法だと、なかなか全体像がつかみにくいところがあって、管理人も微妙に不便を感じていたのですが、残高ベースで家計簿をつけるのが、その解決になるかもしれない、と感じました。

ただ、残高ベースだと、レシートを保管することで、何に使ったかを把握するようですが、費目ごとの出費を記録することが必要な場合は、若干アレンジが必要かもと思いました。

ちょうど年始めで、一年のスタートを切るには好都合なので、今年は残高主義で、家計簿をつけてみようと思います。

会社四季報の読み方

さらに、本書では、会計の概念を家計簿に使うため、会計の初歩的な考え方などを、家計を例えにして、いろいろ解説してあります。

投資HACKSについても言及しているため、会社四季報のポイント的な見方・考え方についても記載がありますので、ファイナンス初心者の方には、役立つかと思います。

ただ、趣味は一つに絞るとか、まあ、それはどうなの?というハックも中にはありますので、そのあたりは、自分にあうものを取捨選択して取り入れたら、よいのではないかと思います。