なりたい自分になる方法

なりたい自分になる方法を脳機能科学者の苫米地英人氏が、書いた本「脳を味方につける生き方」を読みました。

こんな人になれたらいいなとか、今の自分を変えたいとか、思っている方は多いと思います。

ただ、でも無理だよね、とあきらめてしまっている人も多いでしょう。

本書では、なりたい自分になる方法が、脳機能学者の苫米地英人氏によって、解説されています。

無意識の抵抗

なりたい自分になる時の難関が、無意識の抵抗ということで、ここを読んだ時、管理人はかなりドキッとしました。

というのも、この無意識の抵抗という部分、自分で考えてみて、かなり思いあたる部分があるからです。

薄々そうではないかと思っていたところへ、ダメ出しされた感じで、やっぱりか・・・みたいな。

で、この本の嬉しいところは、それを回避する方法を提案しているところ。

無意識の抵抗を封じるため演技する

ざっくり簡単に一言でいうと、「演技する」ということなのですが、興味のある方は、やり方の詳細は、本書で確認していただけたら、と思います。

さらに、周りを変えていくことで、自分を変えたり。

役に立つtips

前半は、演技することの説明があり、後半はなりたい自分になり、夢をかなえるために役立つtipsがたくさん掲載されています。

かなえたい夢がある人、なりたい自分像がある方は、一読してみては、いかがでしょう。