2008年のテーマは、スコトーマ

苫米地英人氏の「成功脳の作り方」を読みました。

購入はこちら  世界一簡単に目標がかなう成功脳の作り方

最近、苫米地氏の本をアトランダムに読んでいます。

本書は、2008年の11月に発売された本です。

著者のあとがきによると、著者は、毎年一つずつテーマを決めて、複数書籍を出版しているのだそうです。

2007年のテーマは抽象度、2008年のテーマはスコトーマで、本書は、スコトーマについての集大成という位置づけのようです。

スコトーマをはずす重要性

スコトーマというのは、盲点のことです。

脳をフル稼動させると、人間が摂取できるエネルギーでは、脳のフルパワーの働きを維持することはできない。なので、現状、脳は必要最低限のものだけ見て、ほかは見えなくしているそうです。

苫米地氏の著書では、このスコトーマを外す重要性が繰り返し説かれています。なぜなら、本当の成功は、スコトーマの向こうにある場合も多いからだそうです。

スコトーマ、管理人の体験

このスコトーマについては、管理人もスコトーマを外すことは重要だな!と思う体験をしました。

管理人は苫米地氏の本を読むまでは、思考における盲点というのは、意識したことがありませんでした。

そして、とあるビジネス関連の話題で、話しをしていた時のことです。

とある施策を皆がいいね!というのです。

わたしは、どう考えてもそれをやると、却って減収になるのではないか、と思いましたが、どうもほかのみんなのビジネスでは、それがプラスに働くようなのです。

どうしてだろう?と考えた結果、他のみんなに見えてないものが自分は見えているのではないか?という結論に達しました。

なるほど、これがスコトーマか・・・。

まあ、ほんのささいなスコトーマだったわけですが・・・。

もちろん、わたしも、スコトーマだらけで、たまたまその方面については、スコトーマが外れていたのだと思います。

しかし、この経験で、自分がこうだと思っていても、スコトーマがかかっていて、もっと見えてない何かがあるのではないか?

先人には、わたしに見えてない道が見えているのではないか、とスコトーマの存在を前提とした思考をするようになりました。

そして、今のところ、そのように考えることは、プラスに働いているような気がします。

成功脳の作り方

本書は、そんなスコトーマを外し、真のゴールを設定し、コンフォートゾーンをずらし、成功へと向かう方法が書かれているように思います。

本書によれば、現在の願い自体がスコトーマの中でしかない場合もあるようですが、思考の盲点を自覚するためにも、本書はオススメだと思います。

是非、読んでみてください。