ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方

苫米地英人氏の「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」を読みました。

管理人は、本を読むのが大好きで、たくさん本を読みたいので、速読術には大変興味があります。

ただ、ずぼらーなので、眼球の訓練とか書いてあるのを見ると、なんだかもうそれだけで、食傷気味で。

苫米地英人氏のこの本は、多少トレーニング的なものはありますが、眼球トレーニング系のものはないので、買ってみました。

何より、苫米地さんの本は面白いし!

購入はこちら  ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方

第一章 速読の現場

管理人は本を読むのが好きなので、時には、1日に、3,4冊くらいは読むこともあります。

が、この章で紹介されている世界にはたまげました。

アメリカの大学院、ハーバード、イエール、カーネギーメロン大学院では、論文も含めて、単純計算で、1日30冊から、50冊の本を読まなければこなせないそうです。

さすがに、本好きのわたしも、1日30冊読めとか言われたら、なんかもう吐きそうですよ。

これが、最低5年間というのですから、世界のトップクラスの頭脳はすごいですね。

そして、さらにすごいのが、著者の苫米地氏は、実際にこのイエール大学大学院とカーネギーメロン大学大学院で学んでいる、ということです。

なぜなら、その気になったら、一冊5分で読めたから、というのですから、これって本物なんじゃないですか?

5分で50冊だったら、250分で、4時間?

それでも、4時間かorz

すごいな、世界の頭脳って。

ちなみに、苫米地氏は、そのカーネギーメロンで博士号をとったそうです。

すごい・・・。

そして、この章でのポイントは以下のとおり。

「速読は読者側が持っている知識量がものを言う。」

そして、

「速読術には2つある。」

その2つとは、

  • 内容を素早く理解するための速読術
  • 読まなくていい本を見つけるための速読術

だそうです。

月4冊で情報勝者

本書を読んでいて驚いた箇所。

2009年に、文化庁が行った「平成20年度国語に関する世論調査」の調査結果がピックアップされています。

なんと、

「1ヶ月に一冊も本を読まない」と答えた人が全体の46.1%にものぼっているのです。なんと日本人の半数近くが本を読む習慣がないのです。
また、「月に1,2冊は読む」と答えた人が36.1%、「月に3,4冊」が10.7%という結果です。

という部分を読んで、えーっ!と思いました。

我が家は、親も子も活字中毒なので、本のない生活とか考えられないです。

なにしろ、そこら中に本が転がってるので、ちょっと手持ちぶさたになったら、手を伸ばして本をとって読んでるので・・・。

でも、わたしの回りの知り合いとか、結構本を読んでる人がいる気がするのですが、そんなに本を読む人って少ないのでしょうか?

月4冊読めば、情報勝者ということですが、管理人も数えてないですが、一か月に最低2,30冊くらいは読んでるとおもうのですが、そんなに実感がわかないんだけどな。

と、思っていたら、やはりその後に続く、年収と読書量の関係があって、なるほど、みたいな。

あと、おもしろいのが、IQを上げるなら、何を読めばいいか、とか。

つまり、とにかく本を読め、と。

先読みのテクニック

これは、無意識のうちに、やってたかも。

本読むとき、2,3行くらいは一度に読みませんか?

自分、いくらか、速読してたんだな・・・。

具体的な速読トレーニング

さて、速読の肝は3つ。

  1. すべての行動を加速する
  2. 並列度をあげる
  3. 抽象度を上げる

です。

本書には、これに関するトレーニング法が書かれていて、そこが本書の肝だと思うので、是非手にとって読んでみていただければと思います。

また、フォトリーディングとキーワードリーディングを、「読まなくてもいい本を見つけるための方法」として紹介されていたのも、ちょっと驚いたかもです。

あと、抽象度を上げるトレーニングは、苫米地氏の他の本でも読んだような気がしますが、アバターを作って、人生を二倍にというのが、役立ちそうだと思いました。

詳細は是非本書を熟読していただければと思います。

管理人も、速読術を身につけてたくさん本を読むぞーっ!

まだまだ、たくさん読みたい本があって、時間が足りないんだよね。

がんばるぞーっ!