最近、堀江貴文さんの本がおもしろくて、よく読んでいます。

ホリエモンと言えば、ライブドア事件ですが、今回のこの「徹底抗戦」は、そのライブドア事件をホリエモン側から見たことをホリエモンが書いたノンフィクションです。

購入はこちら  徹底抗戦

ライブドア事件については、管理人もテレビで報道されているのを見て、ああ何か悪いことしたのなか、くらいにしか思っていませんでした。

でも、最近ホリエモンの著書をよく見るので、あれ?と思っていたのですが、まだ裁判で争っている途中なんですね。

すみません(汗

でも、これって結構たくさんの人が誤解しているような気がします。

本書を読むと、堀江氏側から見たライブドア事件の経緯がわかります。

実際にどうなのか、というのは、ご本人にしかわからないことなので、わたしがとやかくいうことではありませんが、先日のまだ記憶に新しい検察の証拠偽造事件などを思い起こすと、ホリエモンの件もそんなだったりするのかな、と思うこともあります。

最近になって、管理人も、テレビや新聞を読んでいるだけでは、偏った情報しか得ることは出来ないと思うようになりました。

本書を始め、彼の著書を読むと、堀江氏はマスメディアで報道されているような「お金が全て」的な人物ではないような気がするのですが・・・。

宇宙開発にたずさわっている人に、悪い人はいないと思いたい管理人です。

ライブドア事件について、マスメディア報道しか知らない方には、是非本書を読んでみて欲しいと思います。