苫米地英人さんの「超時間脳で人生を10倍にする」を読みました。とても、おもしろかった!

いかに、時間を増やすか、という本なのですが、ある意味SFチックで、ある意味哲学的な部分も含まれているので、そういうのが、嫌いな人には受け入れられないかも。

一見、SFチックな気はしますが、論理的に考えて、時間を増やすのは、確かに主観的な時間を増やすことだ、というのは、納得できるところです。

楽天ブックス  超「時間脳」で人生を10倍にする

主観的な時間を増やす

時間を増やすと、言った時に、考えてられるのは、例えば、

  • 実際に24時間を48時間に増やすこと
  • 24時間を48時間と同じように使えること

の2つ。

残念ながら、現在の科学技術では、時間を超えることは出来ないので、前者の24時間を48時間にする、というのは、それこそSFです。

一方、24時間を48時間と同等の価値にする、ということは、やり方次第では可能なように思えます。

本書では後者の選択肢を脳の能力をレベルアップすることで、実現しようと言っています。

脳は高性能なコンピュータ

脳とコンピュータは非常に似通っている部分があります。

本書で、言われている

  • 脳のクロックサイクルを上げる
  • 脳の並列度をあげる
  • 脳のグレインサイズを上げる

というのは、なんのことだか、コンピューターに親しんでいる人なら、容易に想像がつくでしょう。

コンピューターと違うのは、人間の脳のレベルアップをするには、さらに、モチベーションの論理が必要というところです。

物理世界のボトルネック

ただし、この方法にもボトルネックがあって、それは、実際に現実世界で、物理的な製造だとか、そういうことが絡んでくると、威力が発揮しづらいということでしょうか。

要は、バーチャル世界で、脳の処理能力を何倍にもあげて、時間の枷を取り払う、という手法なので、実際の作業が必要なものは、そぐわないのか、と。

SFチックで、近未来的ですが、紹介されている手法は、ごくごく普通のものなので、試してみるのも、よいかも。

というか、結構、こういうの、好きかも。

「時間は未来から過去に流れている」

ゆえに、

「未来を決める唯一の意志はあなた自身の意志」

というのが、実はすごく大事だったり♪

興味のある方は、是非読んでみてくださいね。