チェンジメーカー

日本に漂うこの閉塞感。

それは、政権が変わっても、依然として、そこにあります。

この閉塞感を吹き飛ばすために、何をすればいいのか、そのヒントが、本書にある気がします。

楽天ブックス  チェンジメーカー

日本を元気にしよう

ここのところ、なんとなく、勝間さんの本が読んでも、しっくりこないことが多く、がっくりきていましたが、本書は、いいです!

以前、「勝間和代の日本を変えよう」という本を出版され、出した時は、散々に言われたそうですが、実は、その中で行った15の具体案のうち、6つの提言が、実現されているそうです。

本書は、ある意味、その続きのようなものかもしれません。

最初の一歩を始めよう

今回は、私達、一人一人が社会を変えていくために、どんなことが出来るか、ということが書かれています。

と言っても、それは、自己犠牲によるものなどではなく、自分も、社会のほかの皆んなも幸せになれるような一歩を踏み出すための方法です。

不満を言っているだけでは、何も変わらない。

まずは、この本を読んだ人から、出来ることを始めましょう。

これは、勝間和代さんからの、メッセージですね。

激しく、オススメです。

ちなみに、この「チェンジメーカー」、受験マンガ「ドラゴン桜」の続編「エンゼルバンク」のオフィシャル参考本だそうです。

エンゼルバンクも読まなきゃなあ~!