ツイッターなんて、と思っていた管理人が重い腰をあげて、ツイッターに登録したのは、確か、佐々木俊尚氏のこの本を読んだからだったと思います。

楽天ブックス  ネットがあれば履歴書はいらない

職人の時代がやってくる

すでに、企業社会が崩壊しつつあるのは、皆さんもご存知のとおりですが、その後、では一体どんな社会になるのか?というと、佐々木氏は、ギルド社会が復活すると述べています。

わかりやすく言えば、現在アニメでも放映されているフェアリーテイルに出てくるギルドのようなものでしょうか。

各人それぞれが、何らかの専門家として活動していく、そういう社会。

そこでは、わたしはこれができる!と、みずからをセルフブランディングしなくては、仕事がもらえない社会です。

ウェブ上でセルフブランディング

さて、我々が住んでいるこの社会には、個人が情報発信できるインターネットという、大変個人にはありがたい世界があります。

本書では、このインターネットで、自分がどんな人物であるかということを、いかに効果的に効率的に発信していくか、ということについて、大変詳しく解説されています。

特に、後半では、具体的なサービス名をあげて、登録方法まで書いてくれているのですから、至れり尽くせりです。

管理人がツイッターアカウントを開設出来たのも、本書のおかげです。

もちろん、佐々木俊尚氏のアカウントをフォローさせていただきました。

こうした本を読んでも、実践するのは、ごく少数らしいですから、本書を読んで、実践すれば、ウェブ上におけるセルフブランディングを少しでも、先行させることができるのではないでしょうか。

ウェブ上でなんらかの経済活動をしている人間にとっては、必読の書だと思いました。

オススメ!